FC2ブログ

爆走★トラック野郎

れげえ野郎はトラック野郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【西新宿レコード薬局】熱さまし

皆様こんにちは
日本で2人目のハイパー・メディア・クリエイター、万田珍太郎です


残暑の長引く今日この頃ですが、私の国と隣国とで、地図上ではミクロな存在の岩の塊を巡って、領土問題が発生しているようです

島はオラのモンだ!いいや、オラのだ!

ポリティックな事情はいろいろあるのでしょうが、一銭にもならないケンカはやめて、3丁目あたりのスナックで一杯やりながら話し合えばいいと思います。ママが意外といいこと言いますからね

首脳同士が泥酔して殴り合いの大ゲンカ!ちょっとアンタたち!いいかげんにしなさい!ママの一喝!
我にかえってシュンとする首脳陣!渋々仲直り!
と思ったら、今度はママの占有権を巡って大ゲンカ!ちょっとアンタたち!アタイのためにケンカはやめて!

ふざけてる場合ではありませんね。失礼しました
領土問題を解決するレコードはないものでしょうか…

ところで、研究所ひしめく彼の地ジャマイカでも国全体を巻き込んだ社会問題は頻繁なようで、歌の題材になることもしばしばです
現状を冷静な目でみつめ、そしてメッセージを歌に込め、社会に向けて発信したジャマイカのレコードは、力強く生きるジャマイカの様子が巧に描写されており、興味深いものです
というわけで、本日はこちらを紹介します

VA / FLAG FLOWN HIGH
ヤフオク 314

若き日、あのキング・ジャミーズ研究所でも腕を磨いたボビー・デジタル・ディクソン博士が90年代に発表した名曲選です
このレコードは彼の作品のなかでも特にルーツ・レゲエにフォーカスした内容です
ルーツ・レゲエは、偉大なるボブ・マーリー教授も活躍した70年代の作品に注目が集まりがちですが、今に至るまで脈々と続く製作技法であり、もちろん90年代にも多数製作されていました

ディクソン博士の卓越した製作技法によって蘇った、フェイド・アウェイ、ミスター・ベイシイ、ブレイキング・アップ等リメイク・リズムの数々。2曲を除き、ほとんどがリメイク・リズムです

効き目こそ、70年代の作品とは異なるものの、ルーツ・レゲエの本流は変わらず
単純な形容では収まりきらない力強いメッセージとサウンド
優れた生演奏が多いことも、ディクソン博士のルーツ作品の特徴です
新しめの音はちょっとね…という皆様にも是非お試しいただきたいレコードです

そして、問題に直面したときこそ、ジャマイカの博士達のありがたいお言葉に耳をかたむけ、広いヴィジョンで物事を判断してみてはいかがでしょうか

エラそうな事を言った上、無理矢理な〆ですが、本日はこのへんで

それではまた明日お会いしましょう





スポンサーサイト
  1. 2012/09/19(水) 17:41:14|
  2. 薬局
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【西新宿レコード薬局】イライラもスッキリ | ホーム | 【西新宿レコード薬局】講演会を終えて…>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haritobi.blog104.fc2.com/tb.php/95-4f1d292b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。