爆走★トラック野郎

れげえ野郎はトラック野郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【西新宿レコード薬局】また会う日まで…

皆様こんにちは
私の血は発泡酒だから…でお馴染の万田珍太郎です

9月は店先で連日連夜BBQを開催し、もはや何屋だかわからなくなってきました
炭火で焼くと、何でもウマいですよね

またどうでもいい話になりそうです
スミマセン



ところで、10月半ばに、アル・キャンベル、デニス・アルカポン、そしてアンソニー・ジョンソン博士が来日するそうです
私も、とても楽しみにしています
しかし、3博士共にジャマイカの製薬史に名を残す偉大な人物でありながら、今日では地味な存在感であることは否めません

アル・キャンベル?ああ、知ってるよ。最近何度か日本に来てるよね。西新宿の薬局行くと、やたら薦められるんだよね。しつこいよあのオヤジ

デニス・アルカポン?ああ、あー、あのバズーカ構えてる人でしょ。70年代初期に、けっこう色々なレーベルから出してるよね

アンソニー・ジョンソン?ん?誰だっけ?ああ、ガンショットだ!あれ?でもそれしか知らねえな。アルバムも持ってねえしなあ。ユーチューブで検索したら、知らねえ格闘家しか出てこなかったよ。まいったな、ハハハ

いけません。こりゃあいけません
アンソニー・ジョンソン博士が忘れ去られている…
本日は皆様にこちらを処方致します

ANTHONY JOHNSON / A YAH WE DEH
ヤフオク 346

1985年、名門キング・ジャミーズ研究所で製作された、ショウケース・スタイルのアルバムです
内容はといいますと、バッド・トリートメント、プリーズ・ビー・トゥルー、ブレイキング・アップ、フー・ドン・イットといったクラシックを蘇らせたリメイク・リズムに乗せて、ラバダ節歌唱が展開します
リズムは、スレン・テン前夜の生バンド・スタイルです

同時代の他の名教授と比べますと、インパクトこそ薄いものの、古きゲットーのサウンドシステムを感じさせるクール且つ、どこか危うい歌い回しは、是非大音量で体感していただきたいです

来日講演を前に、一度お試ししてみてはどうでしょうか

---------------------------------------------------------------------------------------

突然ではございますが、私万田珍太郎は、明日から更なる飛躍ならぬ秘薬を求め旅に出ることにしました
よって、当薬局は本日で閉店致します
本日までご愛護ありがとうございました
またどこかでお会いしましょう

レコードは百薬の長!




スポンサーサイト
  1. 2012/09/30(日) 16:34:32|
  2. 薬局
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【西新宿レコード薬局】癒

皆様こんにちは
服装と心が乱れっぱなしの万田珍太郎です

すっかりご無沙汰してしまって申し訳ありません
お気に入りのレコードにクラックを発見し、ショックのあまり魂が放浪の旅に出ていました
旅先では、ドリフのDVDをひたすら見続けたり、ヤフオクでトラック野郎のポスターを検索したり、クロンダイクの最高記録を更新したり、それなりに楽しくやっていましたが、結局魂が肉体に戻るのに一週間かかりました

本日はそんな旅先で私の荒んだ心を癒してくれた一枚を紹介します

BERES HAMMOND / MUSIC IS LIFE
ヤフオク 344

有効成分"ロック・アウェイ""ゼイ・ゴナ・トーク"も配合された、2001年発売のヒット作です

2001年といえば既に10年以上前ですが、世をレゲエ・ブームに巻き込んでいくきっかけにもなった怪物的流行リズム"ディワーリ"前夜、"ログ・オン""シュバシュバ~"はじめ、多数のヒット作が発売された豊作の年です
リズムの流行も、この頃から、ゴリっとした手触りでスキ間の多いラフな音からメロディラインやアレンジの角が丸めの音に変わっていったような気がします

さて、本作ですが、制作陣を見ますと、ルーツ・ラディックス、スラ・ロビはじめ、ベテラン勢が名を連ねています。もちろんベレス博士も大ベテランなのですが
ベテランの演奏者やエンジニアを起用しながら、そこはさすがハーモニーハウス研究所、古臭さは全く無い、時代に合わせるどころかリードして行くハイ・クオリティな仕上がり
ジャマイカのベテラン博士の底力を感じます

しかしながら、昔はよかったのう…と歌うロック・アウェイを聴いて懐かしく感じるとは、時の流れは早いものです
レコード店もレコードのリリースも賑やかだった頃を思い出し、感傷に浸りながらそろそろ業務に戻ります
もちろん当薬局では、新薬こそ少ないものの、何年たっても色あせない素晴らしいレコードを今でもたくさん揃えていますよ
色あせた曲も、それはそれでおもしろいのですけどね

それではまた






  1. 2012/09/29(土) 16:29:46|
  2. 薬局
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【西新宿レコード薬局】イライラもスッキリ

皆様こんにちは
最後のポケベル世代、万田珍太郎です。*2*2


9月だというのにこの暑さ
皆様いらだってますね

マン員電車で隣の汗ダクのオヤジ、何なの!全身ラップでくるんでから電車乗りなさいよ!
隣の席のオヤジ、フゴフゴ鼻息うるさい!鼻の穴に傘の先突っ込むわよ!
そこのオンナ、香水キツいよ。ファブリーズの風呂に沈めたろか!
おいデコスケ!クソ急いでるときに職質すんじゃねえ!そんなに調べてえのならケツの穴から調べろ!

ハア…大変ですね
そんな場合は、キツいのを一発キメてスッキリしましょう

HOME T,COCOA TEA,SHABBA RANKS / HOLDING ON
ヤフオク 315

1989年に、当時一世を風靡していた、オーガスタス・ガッシー・クラーク名誉教授率いるミュージック・ワークス研究所で製作されたレコードです

大名人ココティ、シャバ博士、ホームティ研究チームがクールにマイクをさばき、制作陣もスティ・クリ両博士、ダニー・ブラウニー博士、天才調合師スティーブン・スタンレー博士、自らもマイクをとるマイキー・ベネット博士(ホームティ)と、当時世界最高峰の布陣です

他研究所の作品に類を見ない、洗練されたハイファイサウンド、地鳴りのようにヘヴィイなベイス。たたみかけるように展開するシンガーとディージェイの掛け合い
絶妙に重ね合わされた音の嵐であります
特にロンドンの海賊放送局を歌った"パイレーツ・アンセム"は、ご家庭に常備していただきたい優れた治療薬です

腹ペコな夕方に圧切りトンカツと大盛りご飯をグイグイ詰め込むような快感があなたを襲うでしょう

このレコードを大音量で再生して、へヴィイな音にドップリ浸かれば、イライラもスッキリ!
明日の仕事もはかどること間違いなしです

それではまた明日お会いしましょう



  1. 2012/09/20(木) 16:15:44|
  2. 薬局
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【西新宿レコード薬局】熱さまし

皆様こんにちは
日本で2人目のハイパー・メディア・クリエイター、万田珍太郎です


残暑の長引く今日この頃ですが、私の国と隣国とで、地図上ではミクロな存在の岩の塊を巡って、領土問題が発生しているようです

島はオラのモンだ!いいや、オラのだ!

ポリティックな事情はいろいろあるのでしょうが、一銭にもならないケンカはやめて、3丁目あたりのスナックで一杯やりながら話し合えばいいと思います。ママが意外といいこと言いますからね

首脳同士が泥酔して殴り合いの大ゲンカ!ちょっとアンタたち!いいかげんにしなさい!ママの一喝!
我にかえってシュンとする首脳陣!渋々仲直り!
と思ったら、今度はママの占有権を巡って大ゲンカ!ちょっとアンタたち!アタイのためにケンカはやめて!

ふざけてる場合ではありませんね。失礼しました
領土問題を解決するレコードはないものでしょうか…

ところで、研究所ひしめく彼の地ジャマイカでも国全体を巻き込んだ社会問題は頻繁なようで、歌の題材になることもしばしばです
現状を冷静な目でみつめ、そしてメッセージを歌に込め、社会に向けて発信したジャマイカのレコードは、力強く生きるジャマイカの様子が巧に描写されており、興味深いものです
というわけで、本日はこちらを紹介します

VA / FLAG FLOWN HIGH
ヤフオク 314

若き日、あのキング・ジャミーズ研究所でも腕を磨いたボビー・デジタル・ディクソン博士が90年代に発表した名曲選です
このレコードは彼の作品のなかでも特にルーツ・レゲエにフォーカスした内容です
ルーツ・レゲエは、偉大なるボブ・マーリー教授も活躍した70年代の作品に注目が集まりがちですが、今に至るまで脈々と続く製作技法であり、もちろん90年代にも多数製作されていました

ディクソン博士の卓越した製作技法によって蘇った、フェイド・アウェイ、ミスター・ベイシイ、ブレイキング・アップ等リメイク・リズムの数々。2曲を除き、ほとんどがリメイク・リズムです

効き目こそ、70年代の作品とは異なるものの、ルーツ・レゲエの本流は変わらず
単純な形容では収まりきらない力強いメッセージとサウンド
優れた生演奏が多いことも、ディクソン博士のルーツ作品の特徴です
新しめの音はちょっとね…という皆様にも是非お試しいただきたいレコードです

そして、問題に直面したときこそ、ジャマイカの博士達のありがたいお言葉に耳をかたむけ、広いヴィジョンで物事を判断してみてはいかがでしょうか

エラそうな事を言った上、無理矢理な〆ですが、本日はこのへんで

それではまた明日お会いしましょう





  1. 2012/09/19(水) 17:41:14|
  2. 薬局
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【西新宿レコード薬局】講演会を終えて…

皆様こんにちは
15の頃、盗んだバイクで走り出したらすぐに捕まった万田珍太郎です

先日のフレディ・マクレガー博士の講演は実に充実した内容で、感無量でした

そこで本日は、フレディ博士が講演で皆様に実演ナマ処方した曲を何曲か紹介いたします

講演前日に出演したテレビ番組でも歌っていたこちら
最初期作です
Clarendonians / You Won't See Me
ヤフオク 298


こちらのアルバムからは、何曲も披露していましたね
過去の再演、カヴァーを中心に、捨て曲一切無しの名作
91年、Steely&Clevie研究所
NOW
ヤフオク 306

以前に処方箋を書いた"That Girl"も、盛り上がっていましたね
http://haritobi.blog104.fc2.com/blog-entry-83.html

Derrick Harriottのいじけ節を見事に生まれ変わらせたこちら
I Was Born A Winner
ヤフオク 308

カバー曲の数々はこちらで聴けます
Sings Jamaican Classics 1~3
ヤフオク 305

しっとりとコチラも…
And So I Will Wait For You
ヤフオク 312



この曲のカバーは、驚きでした。個人的にはいちばん印象的でした
Bob Marley / War
ヤフオク 311

今回は写真中心でお届けしましたが、決して手抜きではありません
仕事はきっちりしているつもりです
つもりですが
それでは皆さん、また明日お会いしましょう





  1. 2012/09/18(火) 22:55:20|
  2. 薬局
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。